職人気質の丁寧な仕事、昔ながらの土壁・手刻みの家

池田建築が建てる「しっかりした家」には、木、技、思いをバランスよく取り入れます。木の年輪が年々増して行くように、家族の思い出が何世代も語り継がれる住まいをご提案します。

 

木に惚れている

池田建築は、表情豊かな木本来の良さを生かし、匠の技と伝統で建主様の想いを家建(かたち)にします無垢の木には工場製品では出せない香りや木目、肌触りや色、艶などがあり、自然素材が持つ良さが凝縮されています。 機能的にも呼吸する木材が住まいの湿度を調節するため、過ごしづらい夏の多湿と冬の乾燥を安らげ、生活をより快適にします。 また木の選び方や加工の仕方で、力強さや優しさなど様々な表現ができるため、木造住宅が持つ醍醐味を、大工職人ならではの匠の技で皆様にご提供します。

技にこだわる

高断熱・高気密化により、夏は涼しく冬はあたたかい エコな家づくりなど、お施主様のお考えをもとに、よ り良い住まいづくりのご提案をさせて頂きます。大工の修業時代は、徹底して手刻みの技を磨き、力強い土壁を持つ田舎造りの家を建ててきました。 独立してからは、ただ木を使った家を建てるのではなく、施主様が直接手に触れる部分や、視界に入る部分のデザイン性にもこだわり、自分の持ち得る技でどのような家建(かたち)にすると喜ばれるかを重視しています。

思いを大切にする

「住む喜びとは何か」を、お客様と一緒に考えます。 施主様の夢、希望、イメージ、住まい方、そして好きな木などをお聞きして感じとり、できるだけご希望に沿うものを具現化したいといつも考えています。 また「施主様に喜んで頂ける家づくり」を念頭に、私個人だけではなく、協力業者が一丸となって施工するよう努めています。

亀山匠の家 日夜大工道に精進する3人集で結成

池田一真が参加する、日夜大工道に精進する3人により結成。
先人たちが培ってきた伝統技術を継承しつつ、現代の新しい技術を融合し、これからの時代につなげていく集まり。